陰陽五行

 

「五行」という言葉は何かしら聞いたことはあるのではないでしょうか。

インドのアーユルヴェーダーでは「風・水・火・地・木」で表現され、

東洋医学では「水・木・火・地・金」で表現されます。

これは古代中国の自然哲学からの考えで、万物は上記5種の元素から成り立っており、

この5元素がそれぞれ影響しあうことで、天地万物が変化し、循環するというものです。

 

基本は自然界の中でのサイクルをあらわしています。

人は地球上に生きており、自然と共に暮らしている自然の一部でもあります。

そのため当然人間もこの環境のエネルギーの影響を受けます。

この5元素の関係を用いて環境を整備し調和させることで、全てのバランスが整い物事をスムーズに進めるというものです。

 

この五行論は環境のみに留まらず、東洋医学でも用いられているように

私達自身にも用いることができます。

自分自身の体はどのような要素を持って生まれているのか、

天運を知ることで自分自身の要素を知ることができ、必要な五行のエネルギーを体内に取り入れることで健康維持につなげることもできるものなのです。       

                     NEXT→                                                                      

★What's New

web拍手 by FC2

★リンク